ふるさと納税

ふるさと納税

【2020年完全版】楽天ふるさと納税の仕組みを分かりやすく解説!

スポンサードリンク

ふるさと納税はお肉とか、ぜいたく品をもらえてお得なイメージ!
だけど、どんな制度かよく分からない・・・。
やってみたいけど大変そう・・・。確定申告とかもめんどくさそう・・・。

このように思ってる方も多いかと思います。わたしも、つい最近までそうでした。

ですが、実際にやってみるとすごくお得で、しかも簡単だったんです。

今回は、わたしがふるさと納税をするにあたって調べた内容を、分かりやすくまとめました。

この記事を読んで分かること
  • ふるさと納税とは
  • ワンストップ特例制度とは(確定申告が不要になります)
  • ふるさと納税の具体的な手順

この機会にぜひみなさんも検討してみてください!本当にお得です!!

ふるさと納税とは

ふるさと納税

ふるさと納税とは、自治体に寄付をするという形で、来年分の住民税を先払いする制度です。

(例)30,000円を自治体に寄付する場合、2,000円の事務手数料が引かれた28,000が来年支払う予定の住民税から減額されます。

そして寄付金の約30%相当の返戻品がもらえます。

代表的なサイトをご紹介します。

・楽天ふるさと納税 https://event.rakuten.co.jp/furusato/
・さとふる https://www.satofull.jp/
・ふるさとチョイス https://www.furusato-tax.jp/

納税の上限額を知る

ひとによって寄付できる上限額が違います。

上限額については収入などから算出する必要がありますが、シミュレーションができるサイトがありますので、それを利用すると簡単に計算できます。後ほどご紹介します。

上限額を超えた寄付は、ただの寄付になってしまい税金の減額にはなりませんので注意が必要です。上限額はしっかり見ておく必要があります。

ワンストップ特例制度とは(確定申告が不要になる)

ふるさと納税をしたら確定申告をしなきゃいけないんでしょ?めんどくさい。。

いいえ、確定申告をしなくてもよくなる制度があります。

それが「ワンストップ特例制度」です。

どういうものかというと、商品を購入後、寄付をした自治体から封書が届きます。

それに簡単な記入と、身分証明書(運転免許証とマイナンバー通知カードのコピーなど)を貼り付け返送するだけです。

これだけで、めんどくさい確定申告を免除されます。

以下の注意点があります。

ワンストップ特例制度の注意点
  • 本来確定申告をしなくてもいい人用の制度
  • 5自治体以内(個数ではない)

※注意点については後ほど詳しく解説します。

ふるさと納税の具体的な手順

①シミュレーションサイトで限度額を調べる
②ふるさと納税の商品を購入
③ワンストップ特例制度手続きをする、または確定申告をする

①シミュレーションサイトで限度額を調べる

まずは、シミュレーションサイトで限度額を調べましょう。
下記サイトで簡単な情報を入力しシミュレーションができます。

②ふるさと納税の商品を購入

下記サイトでお好きな商品を選び、ご自身の限度額内の金額で寄付(商品を購入)しましょう。

ふるさと納税サイトまとめ

どこで買えばいいのか分からない方は、楽天ふるさと納税がおすすめです。
理由は、ポイント還元率が良く、お得だからです。

そこを楽天市場のキャンペーン(楽天お買い物マラソン、5と0のつく日)やSPU(スーパーポイントアッププログラム )を活用することで、損の部分である事務手数料2,000円を上回るポイントが還元されるからです。

さとふるやふるさとチョイスにも還元制度はありますが、5%程度ですので、楽天が圧倒的に還元率が良いと言えます。

③ワンストップ特例制度の手続き

寄付(商品を購入)後、数週間で自宅に自治体より封書が届きます。

それに必要事項の記入、身分証明書(運転免許証とマイナンバー通知カードのコピーなど)を貼り付け返送するだけです。

とても簡単で、わたしの場合、記入⇒身分証明書のコピー貼り付け⇒投函の一連の作業が30分以内でできました。

ワンストップ特例制度の利用にあたっては注意点が2点あります。該当する方はこの制度は利用できません。

注意点①

もともと確定申告をしないといけない方は対象外

確定申告をご自身でされる予定の方は、ワンストップ特例制度は使えません。
あくまで、確定申告を会社にやってもらうサラリーマンなどを対象にした制度です。

注意点②

5自治体以上への納税は対象外

5自治体以内の寄付でないと、ワンストップ特例制度度は使えません。
個数ではないので、同じ自治体に何回寄付しようが、1自治体と計算されます。

以上、3ステップです。

まとめ

  • ふるさと納税とは、自治体に寄付をすることで、翌年の住民税を先払いし、寄付金の約30%相当の返戻品がもらえる制度
  • 自分の上限額を超えない金額で寄付をする。
  • ふるさと納税サイトで寄付(商品を購入)できる。(おすすめは楽天ふるさと納税)
  • ワンストップ特例制度を利用すれば、めんどくさい確定申告が不要に!(条件あり)

この機会にぜひみなさんも検討してみてください!本当にお得です!

最後までありがとうございました。

スポンサードリンク

-ふるさと納税

© 2021 オンラインラビット Powered by AFFINGER5