老後2000万円問題

お金 iDeCo つみたてNISA

老後2000万円問題について

スポンサードリンク

老後2000万円問題。よく耳にしませんか?

この問題、その言葉のとおり「老後に2000万円必要になる。」です。

でも、

  • なんで2000万円も必要なんだ?
  • 本当に2000万円も必要なの?
  • 年金もらえるから実際はもっと少ないんじゃないの?

と思いませんか?

今回はもう少し詳しく知りたい方に、分かりやすく解説します。

そして、更にその対策にも少し触れてみたいと思います。

なんで2000万!?

まず、2000万円ってどういう計算なの?

という疑問にお答えしますと、以下のようになります。

<前提として>
人生100年時代。65歳で定年退職し、100歳まで生きた場合。というのがあります。

65歳で定年退職したあと、

一般的な人で、公的年金が毎月19万円もらえる、という収入があります。

一方、生活費に24万円かかる、という支出があります。

収入19万ー支出24万=マイナス5万

毎月5万円のマイナスが出ます。

年間で計算すると、

マイナス5万円×12か月=マイナス60万円

年間では60万円のマイナスが出ます。いっきに膨れ上がりましたね!

これでは終わりません。

65歳から100歳までなので35年間で計算します。

マイナス60万円×35年間=2100万円

2100万円!?2000万円と言っときながら、

早速100万円もオーバー!?

つまり、公的年金をもらった上で2000万円不足するということ。

国からもらえる公的年金以外の部分で、2100万円の自分年金を作って

公的年金+自分年金で生きていかなければならない、というムリゲーの老後のお話です。

誰しもが直面する問題。

まだ若い人は老後なんてピンと来るはずも無いですが、

これは誰にでも!もれなく!必ず!待ち受けている未来の話です。

むしろ少子高齢化の加速などで、年金が減ることが予想されるため、

2000万円どころの話じゃなくなるかもしれませんね。

対策は・・・ある!

コツコツ貯金して65歳までに2000万円貯金してもいいです。

でも簡単にできるなら誰も苦労しない。

人生の節目という節目でお金は出ていくもの・・・。

欲しいものを我慢し続け、ひたすら貯金なんて、あなたはできますか?

わたしはできません。

この問題に対する対策は、いろいろあります。

その正解の1つとして今回さらりと紹介します。

それは、

  • つみたてNISA
  • iDeCo

など、国が用意してくれている投資です。

これらを分かりやすく言うと

国「年金は保証できませ~ん、自分でお金を増やしてね。
  そのかわり、税金は免除するよ」

という制度です。

これを活用しない手はないです。本当に。

もちろんメリット・デメリットもあるので、そういった詳しい話は

今回の話から逸れるのでまた次回にします。

まとめ

  1. 老後2000万円問題とは、老後に不足する金額が2000万円ということ。
  2. 公的年金とは別に、2000万円の自分年金を作る必要がある。
  3. これは誰しも避けられない問題。
  4. この問題に対する対策として「つみたてNISA」「iDeCo」などの投資がある。

これだけ覚えておいてください。

最後までありがとうございました。

スポンサードリンク

-お金, iDeCo, つみたてNISA

© 2021 オンラインラビット Powered by AFFINGER5